トップページ > デメリット

ネット証券にデメリットはある?

ネット証券は便利なインターネットを活用することで、従来の証券会社にはなかったさまざまな利点を獲得しています。

しかし、その反面、インターネットならではのデメリットもいくつか存在します。

特にパソコン・インターネット初心者の方は各種ツールの使い方などで戸惑うことも多いため、慣れるまではある程度の努力が必要と言えるでしょう。

ここではネット証券の具体的なデメリットを紹介します。

1.自己対応力が求められる

従来の証券会社は顧客一人につき必ず営業マンや担当者がつき、トレードに関する不安や疑問についてアドバイスを受けることが可能となっていました。

一方、ネット証券は原則として営業マンや担当者はつかず、口座開設からトレード開始まで基本的に一人で進めることになります。

もちろん、ネット証券でもサポート体制は充実しており、コールセンターやメールサポートなどを利用することができますが、専任の担当者がいないという不安感は多少残ります。

2.システムダウンのリスク

ネット証券はほとんどのサービスをオンラインで提供しているため、システムに何らかの障害が発生した場合、一時的に取引不可になるおそれがあります。

特にデイトレードは1分1秒を逃すと大きな損失につながる可能性があるので、システムダウンは大きなリスクのひとつと言えるでしょう。

実際にはシステムダウンした場合、多くのネット証券は電話やファックスで対応可能となりますが、リスクを最小限に抑えるために最初からサーバーやシステムが強化されているネット証券を選ぶようにしましょう。

3.パソコンのトラブル

パソコンやインターネット初心者の場合、パソコンに何らかのトラブルが発生すると、自分で満足に対処できない可能性があります。

パソコンそのものの故障はもちろん、操作ミスによって大きな損害をこうむる確率もゼロとは言えないので、取引をする際は細心の注意を払いつつ、パソコンとは別にモバイルを併用するなど、救済措置を講じておくことが大切です。

4.ウイルス・情報漏洩のリスク

オンライントレードに限らず、インターネットを利用する上で常につきまとうのがウイルスや情報漏洩のリスクです。

ウイルスに感染すると、自分のパソコンが制御不能になったり、パソコン上のデータが流出したり、破壊されたりする可能性があります。

ウイルス感染については、ウイルス対策ソフトなどを導入することである程度予防することができるので、自己防衛策を取り入れておくようにしましょう。

マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/