トップページ > 選び方

ネット証券の選び方を紹介

日本国内ではじめてインターネット取引が開始されたのは1998年のことですが、インターネットの爆発的な普及とFX人気により、20年あまりで数多くのネット証券が誕生しました。

そのため、ネット証券各社はオリジナルサービスや手数料の値下げなどを実施することで、業界での勝ち残りを目指しています。

利用者にとっては選択肢がますます広がったわけですが、そのぶん証券会社選びに迷うことも多くなり、特にトレード初心者は投資を始める前につまずいてしまうケースも多々見られます。

ネット証券会社はそれぞれに特徴があるため、一概にここがいいと言うことはできませんが、選ぶ時のポイントを決めれば、比較的簡単にいくつかの候補に絞ることができます。

ここでは自分にぴったり合うネット証券の選び方を紹介します。

ネット証券選びのポイント

手数料から選ぶ

ネット証券選びのポイントのうち、特に重要なもののひとつが取引手数料です。

オンライン取引では、売買するごとに一定の取引手数料が必要となるため、実際には手数料を差し引いた分が取引利益となります。

そのため、効率良く利益をあげるためには、取引手数料が安いところを選ぶのが大切です。

ただ、手数料からネット証券を選ぶ時は、金額だけでなく、手数料体系にも注意する必要があります。

ネット証券の中には、取引1回ごとに手数料がかかる『約定手数料』と、1日の取引金額に応じて手数料が決まる『定額手数料』の2種類を採用しているところがあります。

取引回数が少ない場合は約定手数料の方がお得ですが、一日に何度も取引を行うデイトレーダーの場合、定額手数料の方が1回あたりの単価が安くなる可能性があるので、なるべく定額手数料を取り入れているネット証券を選んだ方がよいでしょう。

トレードツールで選ぶ

ネット証券会社では、それぞれ特徴のあるトレーディングツールを提供しています。

オンライン取引ではトレーディングツールの利用が不可欠であり、自分に合ったツールを使いこなすことが取引を有利に進めるポイントとなります。

トレーディングツールはネット証券会社ごとに複数用意されていますが、ネットや投資初心者の方はシンプルでわかりやすいトレーディングツールを提供しているネット証券を選んだ方がよいでしょう。

また、最近は携帯電話やスマートフォンに対応したトレーディングツールを提供しているネット証券会社も存在するので、外出先での取引が多い方はモバイル用のツールが充実したネット証券を選ぶことをおすすめします。

ちなみに、トレーディングツールは無料で提供されているものもあれば、有料利用となる場合もあるので、コストが気になる方は注意が必用です。

サービスで選ぶ

ネット証券は店舗維持費や人材費を大幅に節約できる反面、サポート面が弱いところがネックとなっていました。

しかし、最近は各社ともに独自のサービスを充実させており、ネット証券ならではのデメリットをカバーしています。

たとえば、投資初心者向けに動画などで取引方法を紹介したり、会員向けに無料セミナーを開催しているところも増えています。

また、ネット証券の中には、パソコントラブルなどに関して出張サポートを行ってくれるところもあり、投資初心者だけでなく、パソコン初心者もうれしいサービスが整っています。

もちろん、これらのサービスは上級者にはほぼ必要ないものと言えますが、初心者向けのサービスが充実しているところはその他の面でのサポートも期待できるので、ネット証券選びの比較ポイントのひとつとして取り入れてみることをおすすめします。

マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/