トップページ > 情報ツール

ネット証券の情報ツールを比較

オンライン取引では、市場の動きや世界中のニュースをすばやくチェックすることが重要なポイントとなります。

そこで各ネット証券会社では、口座開設者向けに、それぞれ独自の情報ツールを提供しています。

ユーザーは情報ツールを駆使することでリアルタイムに情報を入手することが可能となり、よりベストなタイミングで取引を行えるようになります。

情報ツールの使い勝手や利用料はネット証券会社によって異なるので、いろいろ機能を比較検討した上で検討してみるとよいでしょう。

ここでは主要なネット証券会社の情報ツール比較表をまとめてみました。(株価と複数気配はリアルタイム自動更新。チャートはリアルタイムとなります。)

  株価 チャート 複数気配 スクリーニング ニュース 決算情報 アナリストレポート
マネックス証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
楽天証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
SBI証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
松井証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
なし
大和証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
岡三オンライン証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
カブドットコム証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
GMOクリック証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
リテラ・クレア証券
一部有料
一部有料
一部有料
無料
一部有料
一部有料
無料
ライブスター証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
なし
SMBC日興証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
むさし証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
なし
内藤証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
エイチエス証券
無料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
丸三証券
有料
無料
有料
無料
無料
無料
なし

上記の表を見ると、ほとんどのネット証券会社が多彩な情報サービスを無料で提供していることがわかります。

ただ、『リテラ・クレア証券』は株価やチャート、複数気配、ニュース、決算情報などが一部有料となっているほか、ネット証券の一部ではアナリストレポートを提供していないところもあります。

アナリストレポートは売買を行う時の判断材料として活用することができるので、プロの分析・調査結果に基づいて取引したい方は無料公開されているネット証券を選ぶとよいでしょう。

ちなみに、上記に挙げた情報ツールの詳細は以下の通りです。

株価 株価の情報をリアルタイムにチェックできるツールです。基本的に自動更新となっており、株価の値動き情報をいち早くキャッチできます。
チャート 株価をグラフにして表示したものです。情報ツールによってはチャート上から直接クリック注文できるものも存在します。
複数気配 注文数などの状況が複数表示されることです。現在の注文がいくらで約定するのかある程度予測することができます。
スクリーニング 条件に見合った銘柄をピックアップできる機能です。さまざまな条件を入力することで、自分が見逃している銘柄を検索することができます。
ニュース オンライン取引に役立つニュースをリアルタイムに入手することができます。
決算情報 各銘柄の決算情報を表示します。
アナリストレポート 証券アナリストが企業の経営状態や収益力などを分析・調査した結果をまとめたレポートのことです。
マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/