トップページ > 口座開設

ネット証券口座を開設するまで

ネット証券でオンライントレードを始めるには、まず口座開設を行う必要があります。

口座開設と言うと、来店して書類に必要事項を記入するなど面倒なイメージがありますが、ネット証券ならオンラインから手軽に申込を行うことができます。

中にはオンライン手続きのみで口座を開設できるネット証券もあるので、口座開設の手間をできるだけ省きたい方に最適なサービスと言えるでしょう。

実際の口座開設方法はネット証券会社ごとに異なりますが、ここでは一般的な口座開設の流れを紹介します。

1.公式サイトにアクセス

まずネット証券の公式サイトにアクセスし、口座開設の申込ページを開きます。

口座開設のページを開くと、申込時の注意などが表示されるので、一通り目を通しておきます。

また、新規口座開設キャンペーンなどを行っている場合は、キャンペーン情報も表示されるので、あわせてチェックしておきましょう。

2.必要事項を入力する

申込フォームで口座開設に必要な個人情報を入力します。

入力する情報は年齢や性別、年収のほか、証券取引経験の有無なども問われます。

たとえ証券取引の経験がない場合でも、口座開設には特に問題ないので、正しい情報を正確に入力するようにしましょう。

3.口座開設申込書が届く

口座開設申込手続が完了すると、1週間以内にネット証券会社から口座開設申込書が郵送されてきます。

書類には必要事項を記入する欄がありますが、申込フォームで入力した項目はすでに印字されているので、新たに記入する必要はありません。

書類に目を通し、入力項目に誤りがなければ、署名・捺印し、返送用の封筒に入れてポストに投函します。

このとき、口座開設申込書とともに、本人確認書類として、免許証やパスポートの写しなどを同封します。

なお、ネット証券の中には本人確認書類を携帯アプリやファックスで送信できるところもあります。

4.ログイン・パスワードの郵送

口座開設申込書を含む必要書類を返送すると、ネット証券会社から折り返し手続完了の書類が郵送されてきます。

書類には口座開設手続が完了した旨が明記されているほか、ログインに必要なIDやパスワードが同梱されています。

また、取引に関する注意事項などを記した約款なども同封されているので、しっかり目を通しておきましょう。

5.ログインして口座に入金

再びネット証券会社の公式サイトにアクセスし、IDとパスワードを入力してマイページにログインします。

ログインが完了すれば口座開設の手続きは終了となりますが、実際に取引を開始するには口座に資金を入金する必要があります。

入金手続は既存の銀行口座から振り込む形となりますが、ネット証券会社が提携している銀行を利用していると、入金手数料が無料になる場合もあります。

ちなみに、ほとんどのネット証券会社では、口座開設費用や口座維持費用は無料となっており、口座を開設・保有するだけで損をする心配はありません。

マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/