トップページ > 投資スタイル

投資スタイルからネット証券を選ぶ

ネット証券を選ぶ基準のひとつとなるのが投資スタイルです。

証券取引にはさまざまな投資スタイルがありますが、それぞれ特徴が異なるため、多くの人は自分のライフスタイルや好みに応じて徐々にスタイルを確立していきます。

そのため、自分の投資スタイルに合わないネット証券を選ぶと、使い勝手が悪くなるのはもちろん、手数料などのコスト面で損をする可能性があるので、証券会社を選ぶ時は注意が必要です。

ここでは、投資スタイルからネット証券を選ぶ時のポイントを紹介します。

デイトレイダーの場合

1日に何度も取引を行うデイトレーダーの場合、重視したいポイントは、定額手数料の取扱いと、スピード注文が可能なトレーディングツールの2つです。

1日に複数回トレードするデイトレーダーの場合、通常の約定手数料を利用すると、取引のたびに手数料が発生し、トータルコストが大きくなってしまいます。

その点、定額手数料は1日の約定代金に応じた手数料を支払う仕組みになっているので、取引回数を気にせずにトレードすることが可能となっています。

また、1分1秒を争うデイトレーダーは、注文スピードが取引結果を大きく左右します。

最近はワンクリックで注文できるスピード注文機能を搭載したトレーディングツールが提供されているので、ここぞというタイミングを逃さないために、ぜひ活用してみるとよいでしょう。

スイングトレーダーの場合

スイングトレードとは、数日間で売買を済ませてしまう短期型の投資スタイルです。

ポジションを翌日に持ちこさないデイトレードに比べると売買期間はやや長めとなりますが、他のスタイルに比べると短期集中でトレードするため、日々のチャート分析が必要不可欠となります。

そのため、スイングトレーダーの方は、テクニカル分析に長けたトレーディングツールを提供しているネット証券を選ぶのがおすすめです。

また、株価が値動きし始めるタイミングで取引するので、市場情報をすばやくキャッチできる情報ツールも併用できるとベストです。

少額トレーダーの場合

最近はお小遣いの範囲内で投資を楽しむ方が増えており、手軽なネット証券が普及する理由のひとつとなっています。

少額トレードは利益が少ない分、大きな損失をこうむるリスクも少ないので、手元の資金が少ない方はもちろん、投資初心者のかたにもオススメの投資スタイルと言えます。

そんな少額トレーダーの方には、手数料体系が細分化されていて、なおかつ初心者向けのサポート体制が充実しているところがおすすめです。

ネット証券の手数料体系は『1回あたりの約定代金が○円までなら手数料×円』となっていますが、この分類の幅が大きい証券会社を選ぶと、少額トレードでも高い手数料が発生する可能性があります。

そのため、ネット証券を選ぶ時は、少額トレードに特化した手数料体系を導入している企業を選んだ方がお得です。

マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/