トップページ > 定額手数料

ネット証券の1日定額手数料

定額手数料とは、1日の約定代金の合計額に応じて一定の手数料を支払う料金体系のことです。

取引ごとに手数料がかかる約定手数料に比べると一度に支払う手数料の額はやや大きいものの、取引回数そのものには左右されないため、1日に何度も取引を行うデイトレーダー向けの手数料体系と言えるでしょう。

また、最近は少額取引であれば、約定手数料とほぼ変わらない手数料を導入しているところもあるので、デイトレーダー以外の方も検討してみることをおすすめします。

ここでは主要なネット証券の定額手数料を比較表にしてまとめてみました。

  1日定額手数料(税込)
10万円 20万円 50万円 100万円 300万円 500万円 1000万円
マネックス証券
2700円
2700円
2700円
2700円
2700円
5400円
10800円
楽天証券
463円
463円
463円
926円
3240円
5400円
10800円
SBI証券
100円
200円
450円
800円
1640円
2480円
4580円
松井証券
0円
324円
540円
1080円
3240円
5400円
10800円
大和証券
3240円
3240円
3240円
3240円
3240円
6480円
12960円
岡三オンライン証券
99円
200円
420円
780円
1620円
2460円
4560円
カブドットコム証券
-
-
-
-
-
-
-
GMOクリック証券
230円
230円
430円
860円
1660円
2240円
3690円
リテラ・クレア証券
216円
216円
540円
972円
2520円
3240円
7350円
ライブスター証券(税抜)
400円
400円
400円
600円
1400円
2200円
4200円
SMBC日興證券
-
-
-
-
-
-
-
むさし証券
1296円
1296円
1296円
1296円
1296円
2520円
5040円
内藤証券
190円
430円
430円
790円
1630円
2470円
4570円
エイチエス証券
2700円
2700円
2700円
2700円
2700円
5400円
10800円
丸三証券
252円
252円
432円
864円
2700円
4320円
8460円

何と言っても魅力なのは、1日の約定料金が10万円以下なら手数料無料で取引できる『松井証券』です。

松井証券は約定ごとの手数料は設定されていないものの、そのぶん少額トレーダーには魅力の定額手数料を取り入れており、初心者におすすめのネット証券会社と言えます。

ただ、約定料金が20万円を超える場合、『岡三オンライン証券』や『SBI証券』などの方が安くなるため、自分の取引量をある程度見極めておくことが大切です。

ネット証券会社の口座開設費や口座維持費は基本的に無料なので、複数の投資スタイルを使い分けている方は、その日のスタイルに合わせてネット証券も使い分けるとコスト削減につながります。

マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/