トップページ > 特定口座と一般口座

特定口座と一般口座、どちらがいい?

ネット証券の口座には、特定口座一般口座の2種類が存在します。

どちらもオンライン取引に使えるという点は共通していますが、1年間を通して利益が出た場合の確定申告方法がそれぞれ異なります。

ちなみに、特定口座はさらに源泉徴収の有無で2種類に分類されるため、実際には計3種類の口座から選ぶことになります。

具体的な違いとしては、まず一般口座の場合、1月1日~12月31日までの1年間において、売買利益が発生した場合、自身で利益の集計・計算を行い、確定申告する必要があります。

その点、特定口座の場合、どちらも売上の集計・計算はネット証券会社が代行してくれるので、自分で計算する必要はありません。

ただ、源泉徴収なしの特定口座の場合、ネット証券会社から送付された年間取引報告書にもとづき、自分で確定申告を行う必要があります。

一方、源泉徴収ありの特定口座は、売上集計や計算はもちろん、自分で確定申告する必要もないので、手続のわずらわしさがありません。

そのため、ネット証券口座を開設するときは、特に理由がない限り、源泉徴収ありの特定口座を選ぶことをおすすめします。

ただし、会社員の方が副業として投資を行っている場合、源泉徴収ありの特定口座を利用していると、1年間の利益が20万円以下でも課税の対象となってしまいます。

その他の口座では、利益が20万円未満の場合、確定申告する必要がない=納税義務がないので、利益が20万円を超えないと見込まれる場合は、あえて源泉徴収なしの特定口座を選ぶのもひとつの方法です。

マネックス証券

今なら口座開設&取引で 最大28200円プレゼント!
www.monex.co.jp/

楽天証券

楽天証券の資料請求は、楽天証券の公式 サイトで。格安手数料139円(税込150円)の楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp/

SBI証券

公式SBI証券(旧SBIイー・トレード証券) の口座開設はこちら
www.sbisec.co.jp/